スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
スランプ
2009 / 04 / 18 ( Sat )
覚えているだろうか、ぶらいあん エビ飼ってます。
そうだったの!?とか言われそうなくらい話題にでてませんな。。
実は転職した時に研修がてら長~い事出張に行ってまして、
その間にエビのグレードがみるみる下がり、崩壊を繰り返し・・
すっかりやめてしまっていたのです。
が、今じゃ出張も無くなりそろそろエビを復活させようと思ったのです。

そう思い立ったのが半年前。
今は稚エビうじゃうじゃ・・・じゃねぇんだなこれが・・・

殖えないんだよ、抱卵して稚エビも生まれて、育って5mmくらいになったら・・・
消えるんだよ・・(泣)、その繰り返し。

引越し前はあれほど爆殖していたのに、新居では全く駄目になってしまったのです。
もちろん機材は全く同じ、水質も測る限りは同じ(そもそも同じ市内なので同じ水道水だ)、何が悪いのかさっぱり分からん。
で、何が違うのかつらつらと考えていたのですが
最近ふと思いついた。


「浄水器か?」
違うといえばこれだ、前は使ってなかった。
水を濾す事で実はエビに大事な栄養(ミネラル?)を抜いていたのではないか?
そう考え大規模水替えを3週間に渡り強行。
ビーシュリンプを追加するのももったいないので、釣り道具屋で購入した格安ヌマエビを投入。
ビーシュリンプと混泳しても大丈夫なのかよくわからんが、少々は気にしない。

大きくな~れ、大きくな~れ・・・

そして最近、
遂に稚エビが1cmくらいまで大きくなりました!!










そう・・・ヌマエビの子が・・・・


( ゚д゚)ひさしを貸して母屋を取られるってやつね!

うるさい!!( ̄Д ̄;)


   スランプです・・・。







スポンサーサイト
01:26:31 | CRS | コメント(2) | page top↑
昔の事
2009 / 04 / 17 ( Fri )
大分、春がやってきましたね。
檜の花粉にしばし頭をやられながら、空を眺めていると
ふと、昔の事をつらつらと思い出しました・・・
我が家の窓からはやたら広い空が見えるのです、
それは昔、旅の空の下で見た空に似ていたのかもしれません。

あの日、拙者は360°の地平線の砂漠の真ん中にいました。
たった一つのテントとたった一台のオートバイ、拙者は数えるほどの持ち物しか持たず、そこに居ました。
真後ろから昇る朝日と共に走り出し、真正面に沈む夕日と共に眠る毎日の中、
その日拙者の24回目の誕生日である事を思い出しました。
「広い」とはどんな意味か
「何も無い」とはどんなものか
日本で育った自分の固定概念を吹き飛ばす環境の中で
24歳となった自分は
これほどまでにこの世に生を受けた事に感謝した事は無かったのです。


あの日、拙者は南海の孤島に居ました。
2度目の日本一周、その時もテントとオートバイで旅をしていました。
青い青い空と海、
余りに居心地のいい浜で、毎日島酒を飲みながら海を眺める日々を過ごしていました。
そんな時、君達のママに出会った・・。


あの日、拙者とぶら嫁とハムスター2匹は持てるだけの荷物を軽自動車に詰め込んで、
北海道から沖縄へと旅立った、戻る事のない旅だった。
住む所もないからテントで暮らしたりもしたけど、なに、なんくるないさぁ。
楽しい島暮らしが始まった。


あの日、けいちんが産まれた。
倅その手が宝物ってか、しばらくの間一緒に暮らすパパだよ。
よろしくな。


あの日、なぎちんが産まれた。
君は嫁にやらん。
やらんのだ。


あの日、自分の家を建てた。
小さいが家族4人が暮らせる家だ。
でっかいウッドデッキがお気に入り、25日かけてやっと作った。
けいちん、来年は小学校だね。
なぎちん、来年は幼稚園だね。
命は逞しく大きく育ち、
幸せは沢山やってきて。


そんなある日、ママに病気がやってきた。





23:41:43 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。