スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
こびと
2011 / 10 / 19 ( Wed )
最近友達の家でこびと図鑑のDVDを見て以来、子供達がこびとの虜になっています。
やたら本物くさく作られていて、子供達がこびとの存在を信じてしまうのも仕方ないのかも。

ある日お出掛けの途中にトイレから出てきたなぎちゃんが

(;゜0゜)「こびとがおったよ!!」

( ̄ω ̄;)「は?何の事?」

「(≧ロ≦) 「三角に折ってあったんよ!!」








kobito.jpg



「ああ・・そりゃ良かったねぇ・・」( ̄ェ ̄;)


それ以来パパはたまに家で三角折をするようになりました。
まだまだ可愛いものです。
スポンサーサイト
12:39:40 | 育児 | コメント(0) | page top↑
ドック(犬じゃないよ)
2011 / 10 / 11 ( Tue )
今年もやってきた人間ドッグ、
とかく拙者はバリウムが苦手でやんす。
去年なんぞバリウムを鼻から噴出し、涙ながらに中止をお願いした経緯があります。
今年は前日から体調に気をつけて(そういえば去年は大風邪をひいていた)臨んだのでした。

心配なのは・・そもそもこの病院は去年の膝脱臼事故の時に担ぎ込まれた病院であり・・
拙者の不信感100%の病院である事、会社の指定病院でしょうがないのですが(泣)

まず発泡剤をどろりとしたバリウムで流し込む。
これがまた口に入れた瞬間にシュワワ~ッ!と弾けるので飲み込めたもんじゃない。
さらにゴクゴクとバリウムで流し込む。
当然胃は膨らんでパンパンである。
この状態で逆さ吊りにされたり、ゴロゴロ三回廻れとか言われたり
実にアクロバティックな事を強要されるのである。

検査が半分ぐらい過ぎた頃・・
「げぷっ」
Dr「あー胃が縮んじゃった、も一回飲んでよ」
・・冗談じゃないと思ったが考えてみれば去年は中止したので今回も、となると実際自分の胃が心配ではある。
渋々と了承しもう一杯飲む。
「うへぇ~・・」

検査が佳境に入った頃さらに
「げぷっ・・・・」
Dr「あーもうちょっとだったのに、もったいないからもう一回飲みましょう」
「あー・・いや、もう結構です無理です、ここまでの写真だけで判断していただければ・・」
「もうちょっとですよ、大丈夫・大丈夫!」
そりゃあんたは大丈夫でしょうけどっ・・(汗)
無益なやり取りの末、渋々もう一杯飲む事になる。
「うっへぇ~・・」
もう本当に無理である、限界である、撮り終ったら下剤を飲んで逃げるようにお家に帰る。
本日休業、会社を休んで布団に潜り込む。
いつもより大量の白うんこが3日後まで続きました・・。

数日後
検査結果が出た

・隆起性病変
・ひだ集中あり
要再検査・・・

なんじゃこりゃあ!!と思ったが病院がヘボなので本人たいして気にせず、
しかし心配を他所に今度はぶら嫁が寝込む程に動揺する・・
「すぐ再検査に行って!(泣)取り返しが付かなくなったらどうすんのっ!!」
まあ・・ぶら嫁もひょんなきっかけで病気が見つかった経緯があるから心配してしまうのは分かるけどね。。
しょうがないので早めに再検査を受ける事にしました。
あの病院は信用ができないので内視鏡専門医のいる病院へ・・。

再検査当日
「胃カメラか・・」ブルー・・
実はぶらいあん20歳の頃に一度飲んだ事があり、やはりろくな目にあってない経験がある。
いや、その時胃カメラに罪は無かったのだが、
検査前にカーテンの向こうで若いDrの話し声が聞こえてきまして、
「なに?次の人吐血したの?なにそれ、まともな仕事してる人?ハハッ(笑)」
そりゃもう医者への不信感100%である。
考えてみれば当時から医者運が無かったのだなあ・・

んで、検査の後にそのまま一泊入院する事になりまして、
この病院、入院患者が何故か拙者一人きりであり大変うすら寂しい。
一眠りして夕方頃起きると病院中に人の気配がない・・あれ?
なんと!・・入院患者を忘れ去り医者看護婦全員帰宅後であった・・
拙者は窓から飛び降り、向かいのコンビニで食料を買い戻り・・

思い出すと告訴したくなってくるが
それで次の日だまって帰ったのだから拙者も若かったなぁ・・
今だったらブチクソ広島弁で捲し立てるだろうに・・

まあとにかく胃カメラは嫌いなのである。
特に拙者は普段からオエオエと餌付く事が多く、喉物は苦手であった、
が、その理由が今回の胃カメラで謎解明に至るのである。

この病院は専門医だけあって安心である。
Drは良くしゃべる人で、術前に何でこんなにしゃべるかっちゅうと
術中にパニックにならないようにまずDrを信用してもらう為だそうです。

胃カメラも経口用と鼻から用の2種類がありまして。
Dr「どちらがいいですか?」
「鼻からが楽そうなんで・・」
Dr「口からにしましょう、その方が早いし鮮明です」
「・・・はい。」じゃ聞くなっちゅうの・・

胃カメラは・・・やはりおえおえである、
これはもうどうしょうもない・・のであろう。

Dr「ほら、見えますかー、胃の入り口が閉まりきってないですよね」
「モガモガ・・(意:じゃけ何よ?)」
Dr「食道裂口ヘルニアですね」
「モガ?(意:何?)」
Dr「こういう人はゲップを我慢できないしオエオエしやすいのですよ、
何?バリウム3杯飲んだ?そりゃそうでしょう、今後は初めから胃カメラを飲みなさい」


なんと、長年悩まされていたのは構造的不具合でしたか・・
その他
・ポリープ2つ
・びらん1つ
・十二指腸潰瘍
が見つかりまして(意外と色々ありますな・・)
Dr「じゃとりあえず潰瘍の治療しようか、ポリープは生検に出そう」
「モガ・・」
って事で一週間ほど禁酒をして潰瘍の薬を飲む事になりました。

一週間後
検査結果を聞きに行きました。

Dr「ポリープは良性で問題なしです」
「そうですか・・」
Dr「ただ・・」
「ニャ!?」
Dr「ピロリ菌が検出されました、除菌薬を飲みましょう、
一週間程禁酒禁煙、下痢が続きますが痔の薬も処方しますから大丈夫」

そりゃあんたは大丈夫でしょうけどっ・・(汗)

憂鬱な一週間が始まる・・

家に帰ってこの事をぶら嫁と話しているとけいちんが聞いてきた。

け「お父さん、ぴにゃり君って誰?」
「知るかそんなもん!!」
続きを読む
01:47:25 | 未分類 | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。